コースレイアウト

下記図のホールをクリックすると各コースの特徴が表示されます

コースレイアウト

1番ホール
1番ホール
ティショットの狙いは左。注意はグリーンワーク。
中高のグリーンなので、ピンの位置で二打目の攻め方が違ってくる。

設計者の意図でスタート3ホールは、思い切ってティーショットが打てる。
左サイドが広く、プレッシャーなくティーショットが打てる。問題はお椀型のグリーンで、ピン位置が手前であれば手前に、奥であれば思い切って奥に攻めなければ3パットもありうる。
くわしくみる
2番ホール
2番ホール
ティショット・セカンド共に正面狙い。グリーンとフェアウェイがレベルにあり、距離感がつかみにくい。

宮崎CCで最長のストレートなパー5。
ティーショットは打ち上げのブラインドになっているが、フェアウェイは広く、センターを狙っていけば問題はない。ポイントは3打目で、奥行きのあるグリーンはフェアウェイと高低差がなく距離感が難しい。
くわしくみる
3番ホール
3番ホール
右傾斜なので左半分にティショット。海に向かっているので風の影響を強く受ける。

難易度の高いパー4。細かなアンジュレーションのあるフェアウェイは大きく右に傾き、ティーショットはフェアウェイ左半分狙い。もう一つ難しいのは風の計算。海に向かったこのホールは、風の影響を強く受け、セカンドのクラブ選択が大きく違ってくる。
くわしくみる
4番ホール
4番ホール
ティショットは右のバンカーに注意。グリーンは小判型、セカンドショットの方向・距離の正確性を求めている。

ティーグランドから見えるホールのアンジュレーションと、240ヤード付近の右のバンカーがティーショットにプレッシャーを与える。グリーンは小判形で左右は狭く奥行きがある。セカンドショットの方向性と距離の正確性が求められる。
くわしくみる
5番ホール
5番ホール
少し打ち上げでグリーンは大きく奥に広い、中高で傾斜がある難しいショートホール。

距離のあるパー3。左右の大きなバンカーに挟まれたグリーンは非常に大きく奥に広いが、中央からの傾斜が難しく、ピン位置によっては、球筋を変えて攻めなければならない。
くわしくみる
6番ホール
6番ホール
ティショットは正面の三本松の上を狙う。グリーンは左高く右下がりなので、ピンの右から攻めること。

ティーショットの狙いは、フェアウェイ正面の小さなマウンドにある松の木越え。セカンドショットは、グリーン右手前のバンカーがグリーンと少し離れているため距離感を狂わす。グリーンは左からの傾斜が厳しく、ピンの右サイドを正確に狙っていきたい。
くわしくみる
7番ホール
7番ホール
左ドッグレッグホールでバンカーの右サイドが狙い。グリーンは大きなアンジュレーションがあり、ピンに対して短めに打つのが安全。

左ドックレッグのパー4。攻めるには最短コースの左バンカー越え250ヤード超、安全に行くにはバンカー右サイド、フェアウェイセンター狙いがベター。
セカンドショットはピン手前から攻めたい。グリーンに大きなアンジュレーションがあり、奥からは非常に難しくなる。
くわしくみる
8番ホール
8番ホール
大きな二段グリーン、ピンが手前にあるのと奥にあるのでは、1クラブ違ってくる。

大きなグリーンのパー3。二段グリーンで1オンするだけならさほど難しくないが、ピン位置によってのクラブ選択がポイントとなる。
くわしくみる
9番ホール
9番ホール
左ドッグレッグホール。セカンドはセンターより右を狙う。グリーンはお椀型、スピンのきいた高い球を打つこと。

左ドックレッグ490ヤードのパー5。
ロングヒッターなら左バンカー越えで2オンも狙えるが、グリーン手前のバンカーがしっかりガードしている。グリーンは少しお椀型で、スピンの効いた高い弾道で攻めたい。
くわしくみる

1 番〜 9 番を表示 (全 18 枚)
(1) 2 »